建築業界の働き方

建築士が今すぐできる副業を難易度順に解説します【高額報酬あり】

こんにちは、建築士&副業ワーカーのリョウタです。

平日は設計の仕事をしながら、副業で「WEBライティング」をしています。

もうすぐ副業を初めて1年経ちますが、安定して月10万円前後稼いでいます。

 

働き方改革が進んでいる今、副業を始めたい建築士も多いのではないでしょうか。

悩める建築士
悩める建築士
  • 実績がなくてもすぐに始められる副業はあるのか?
  • 建築士のスキルを活かせて稼げる仕事はあるのか?
  • 建築関係の副業にオススメのサイトはあるのか?

こういった疑問に答えます。

この記事では、未経験で始められる「WEBライティング」から建築士のスキルを活かした仕事を難易度順に5つ整理しました。

  1. 難易度1:WEBライティング
  2. 難易度2:図面修正・CADトレース
  3. 難易度3:パースなどのデザイン系
  4. 難易度4:リフォームプラン作成
  5. 難易度5:実施設計・設計監理・確認申請

結論からいうと、WEBライティングがオススメです。

そして、これらの案件が多数あるクラウドソーシングも紹介します。

僕も現在、副業ライターとして活動しています。

それではひとつずつ見ていきましょう。

読了目安:3分

在宅でできる副業を始めよう

普段からオーバーワーク気味の建設業なので、副業で体力を消耗するようなことは避けたいところ。

クラウドワークス』では、在宅でできるようなライティングから、設計案件まで、副業でできる仕事が幅広くあります。

せっかく副業するなら本業とは違うスキルを習得して、武器を増やしましょう。

例えば、あなたが本業で、事務所ビルや病院などの大型建築物の設計をやっているのであれば、小さな飲食店のパースを描いてみる。とか。

新しいことを始めると、新鮮で楽しいですよ。

  • 体力を使わないこと
  • 在宅でできること
  • 本業とは違うスキルを習得できること
  • 将来、役に立つスキルを習得できること

この辺りを意識して副業を選びましょう。

 

しかし、普段から残業まみれで睡眠時間を削るような副業のやり方は長続きしません。

まずは時間を確保することに専念しましょう。

転職して残業時間を減らすこともできます。

【年収アップ】建設会社からホワイトな設計事務所へ転職できた方法こんにちは、建築士のリョウタです。 新卒で入社したサブコン(設備系の建設会社)で、施工管理を4年間した後、設計事務所へ転職をしまし...

建築士ができる副業

簡単な仕事から、建築士のスキルを活かした仕事までを難易度順に紹介します。

難易度1:WEBライティング【未経験OK】

建築士なのにライティング?

と思うかもしれませんが、未経験でも今すぐ始めることができます。

PC1台あればOK。

実績がなくても継続すれば3ヶ月くらいで、安定して月数万円は稼げるようになります。

特に、建築士としての専門知識や実務経験がある人は優遇される場合が多く、文字単価が上がりやすいです。

クラウドワークス』では20〜30件の住宅や建築に関する募集中のライティング業務が掲載されています。(※執筆時点)

1件あたりの相場は、〜1万円。

実績や執筆内容によってはさらに高額報酬もあり。

実際に募集している案件をピックアップしてみましょう↓

例えば、上から2番目の案件は4,000文字で文字単価2.0円。

つまり、1記事で8,000円の報酬です。

住宅建築や不動産の実務経験があれば、少ないリサーチで執筆することができます。

ちなみに、僕の場合は1時間に約1,000文字ペースで執筆をするので、4時間で8,000円をもらえることになりますね。

このような専門知識を必要とする案件は、応募できるライバルが少ないので、採用される可能性が高いのも特徴的!

 

建築士の業務は、図面作成だけでなく、文章で伝えることが多いものです。

ライティングは、常に読者の求める記事を執筆するので「顧客の要望・疑問を適切にくみとって、解決策を生み出す」というスキルを習得することができます。

設計思想やポートレートなど、本業でも使える場面がたくさんありますね。

建設業では、文章で伝えるのが苦手な人が多いので、ライティングスキルを鍛えておけば、一歩リードできますよ。

難易度2:図面修正・トレース【CADスキル必須】

CADを使って図面の修正や、紙の図面をCADデータ化(トレース)するような仕事があります。

基本的には、クライアントから修正箇所やトレースしたいことを明確に掲示されるので、単純作業です。

CAD操作に慣れている人であれば、苦なく納品できます。

1件あたりの相場は、〜5万円程度。

案件数が少ないのがデメリット。

最初にクライアントを見つけるのに少し苦労しますが、CADを扱えるワーカーは少ないので、継続受注をさせてもらえる可能性が高いです。

難易度3:パースなどのデザイン系

小さい店舗や住宅のパース作成業務。

本業で意匠設計や、インテリアなどのデザイン関連業務をしているのであれば、すぐに稼げるようになります。

1件辺りの相場は、〜10万円。

建物規模により、さらに高額報酬もあります。

未経験でも、将来的に建築の仕事の幅を広げていきたいのであれば、勉強してスキルを身につけておくのもいいですね。

デザインもできて設計もできるような建築士は、重宝されます。

難易度4:リフォームプラン作成

住宅のリフォームや小さい飲食店のリフォームなどのプラン作成業務。

クライアントとの綿密なコミュニケーションが必要になってくるので、実務経験がないと副業でやるには難しいです。

1件あたりの相場は、〜30万円。

建物規模により報酬は大小あり。

参考までに、このようなマンションリフォームのデザイン業務があります。↓

リフォームの間取りデザイン

規模はマンションの一室で、報酬は1〜5万円。

リフォームプランはクライアントの要望やコンセプトを、十分に理解して提案しなければならないので、コミュニケーションが重要になってきます。

難易度5:実施設計・設計監理・確認申請

上級者向けです。

実務経験が必要で、一級建築士または二級建築士の資格は必須。

実際に現場に赴いたり、クライアントと綿密なコミュニケーションが必要になるので、副業には向いていません。

難易度が高い分、報酬が高いのが特徴的。

例えば、『クラウドワークス』にはこんな案件があります。↓

ワイナリー建設の確認申請・設計監理

少し抜粋して内容をみてみましょう。

ワイナリーといっても規模はとても小さいです。
199m2の敷地に、基礎工事をしてイナバの倉庫を建て、食品加工できるよう内装・水回り・電気工事を行います。

確認申請は長野県松本市および長野市にある県の建築課に出向いていただく必要があります。
保健所・税務署との折衝や許可申請は私が対応できます。
設計監理にどのくらいの頻度で現地へ出向いていただかなければならないかは、条件交渉時にすり合わせさせていただきます。

なんとこちらの案件の報酬は30万円〜50万円。

2ヶ月間の小さい食品倉庫の建設工事で、確認申請から設計監理まで。

詳しくはわかりませんが、確認申請の書類作成と手続きをして、週1,2くらいで現場に出向いて進捗や品質をチェックして、クライアントとコミュニケーションを取りながら業務を進める感じでしょうね。

もう少し大きな物件で100万円以上の報酬がもらえる案件もちらほら見かけますが、比例して業務量は多くなってきます。

副業でやるなら、小さい飲食店や住宅など、規模の小さい物件がいいでしょう。

将来、独立して個人の建築事務所などを持ちたい場合は、積極的にこのような案件をこなして実績を作っておくといいですね。

建築の案件が多数あるクラウドソーシング2つ

今まで紹介してきた建築の仕事はクラウドソーシングで受注できます。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業(または個人)と、仕事を受注したい個人を、オンライン上でマッチングさせるためのプラットフォームです。

契約や報酬のやり取りは、全てクラウドソーシング上で行うので、安心して仕事を受注することができます。

実際に僕も使っているサイトで、特にオススメしたいのは2つ。

1.クラウドワークス

公式サイト:https://crowdworks.jp/

この記事でも紹介してきたように、『クラウドワークス』にはライティングやパース作成、設計業務まで幅広い案件があります!

2.ランサーズ

公式サイト:https://www.lancers.jp/

ランサーズ』はライティングの案件が多いです。

実績を積むと、「認定ランサー」という扱いになり、高単価案件のスカウトが来るようになります。

 

クラウドワークスもランサーズも無料で会員登録できるので、まずは2つともサクッと登録して案件を探してみましょう!

もちろんそれぞれのサイトで出回っている案件が違います。

クラウドソーシングを使い始めるときの注意点

自分自身を商品として売り出す意識をもつ

クラウドソーシングで仕事を発注している側からすると、お金を払うことになるので、当然優秀な人に仕事をお願いしたいところ。

報酬が高い案件には、応募者も多いので、しっかりと自分に仕事をお願いするとメリットがあることを伝えて、ライバルと差をつけましょう。

クラウドソーシング上での実績がない場合でも、今までの実務経験や専門知識を持っていることは十分なアピール材料になります。

単価が安すぎる案件はスルー

クラウドソーシングで仕事を探していると、報酬が安すぎる案件が多く見つかります。

例えば、

  • ライティングなら、文字単価0.3円とか。
  • パース作成1枚あたり500円とか。

明らかに報酬が安すぎます。

このような案件を発注している人は、お金を持っていない企業か個人なので、付き合うメリットはありません。

報酬の最低ラインとして、ライティングなら文字単価1.0円以上のみ応募することをオススメします。

報酬の高いクライアントは、しっかりとしたテンプレートがあったり、継続的に仕事をくれたりと、スキルアップに繋げることもできます。

まとめ

この記事のおさらいです。

建築士が今すぐできる5種類の副業を紹介しました。

  1. WEBライティング→未経験から始められる
  2. 図面修正・トレース→CADスキル必須
  3. パースなどのデザイン系
  4. リフォームプラン作成
  5. 実施設計・設計監理・確認申請

②〜⑤の業務は、案件数が少ないので、最初は仕事を受注するまでに時間がかかるかもしれません。

やはり、僕もやっている「WEBライティング」をオススメしたいです。建築士こそ、文章で伝える力を鍛えるべき!

いますぐ始められるので、ライティングの仕事を探してみましょう。

この記事で紹介したクラウドソーシング2つ

 

副業の前に、本業の年収をあげたい人はこちら▼