島旅

【沖縄離島】名もなき絶景ビーチを貸切!穴場スポット「久米島」の旅

こんにちは、離島大好きブロガーのリョウタです。

みなさん、沖縄の離島といえばどこを思い浮かべますか?

石垣島?

宮古島?

いやいや、他にも楽しいところはたくさんありますよ!

先日、「久米島」に3泊4日で行ってきました。

ゴールデンウィークにもかかわらず、めっちゃ空いていました!

そこで今回は、

  • 沖縄の離島に行きたいけど、メジャーどころは行ったことがある
  • 久米島に行こうか迷っているけど、どこに行けば楽しめるか分からない

という方に、

実際に行ってよかった穴場スポットと、ガイドブックに載っていない絶景ビーチを紹介します!

あと、がっかりしたスポットも紹介しちゃいます(笑)

久米島とは

久米島は沖縄本島から西へ約100km離れたところにあります。慶良間諸島よりも少し西にある島です。

自然豊かで、海が綺麗、小高い山もあります。

島は意外に大きいので、レンタカーを借りて回るのにちょうど良いです。

アップダウンが激しいので、自転車で回るのはおすすめしません。

 

どこも澄んだ海が綺麗ですが、見所はそれだけではないんです!

実際に行ってよかったところ

久米島の観光スポットは行き尽くしましたが、その中でも行ってよかったところを厳選して紹介します!

名もなき絶景ビーチを貸切

本当は教えたくない秘密の場所。

1人で行動する時間があって、島中を散策していた時に発見しました。

すごく綺麗な海のコントラスト。

透明度抜群。

沖縄の中でもトップクラスに入るビーチのレベル!

写真では表現しきれませんでしたが、ビーチの先端が尖って海に突き出しています。

この先端に立つと、周囲300°くらいは海のコントラストに囲まれた状態になります。

マジで!

ここで、1時間くらいボーっとしていました。

 

どこにあるかというと、

出典:Google Map

久米島の本島から橋で繋がっている「奥武島」の端っこにあります。

特に、○◯ビーチという名前がついていないので、ググっても出てきません。

車や自転車で行けない場所。

500メートルくらい海岸を歩いていくと、ひらけた場所にこのビーチがあります。

振り返ると、久米島の中心部の山を見渡せます。

 

ちなみに、1時間くらい滞在していましたが、一眼レフを抱えたおじさん1人にしか会いませんでした。

カップルで来て、海と夕日と星空を眺めにくるには、最高のロケーション。

誰にも邪魔されません。

畳石

奥武島の温泉施設の裏手にあります。

亀の甲羅模様のような石が連なっていて、不思議な光景ですね。

海も綺麗で最高の眺めです!

 

ちなみに、この畳石から500mくらい海岸を歩いていくと、先ほど紹介した絶景ビーチに到達することができます。

宇江城城跡(うえぐすくじょうあと)

標高310mの高さにある城跡。

沖縄県でもっとも標高が高いところ。

琉球王朝時代には城が建っていたそうです。

久米島全体を360°見渡せて、遠くにははての浜が見えます。

天気がよければ、沖縄本島まで見えます。

旧家上江州家

フク木と石垣で囲まれた沖縄昔ながらの民家。

約250年前に建てられた姿をそのまま残しています。

人は住んでいませんが、中を見学することができます。

外から民家を眺めることはできても、中まで入れるのは貴重な体験ですよ!

 

入り口におばあちゃんが座っていて、沖縄の昔話を聞くことができます。

見学料は300円取られました。

スキューバダイビング

3本のボートダイブを楽しみました。

久米島は初心者〜上級者まで楽しめるダイビングスポットがあります。

スポットによっては、イソマグロ、ギンガメアジ、ハンマーヘッド、ジンベエザメなどの回遊魚がみれます。

サンゴも豊かなので小魚もたくさんいます!

今回は、至近距離でアオウミガメに遭遇したくらいでしたが、またリベンジしたいところ!

 

さて、次は少しがっかりしたスポットを紹介します。

「はての浜」でがっかりした話

久米島No.1の観光スポットといえば、「はての浜」が有名です。

ガイドブックでは真っ先に紹介されています。

全長7kmにわたる砂浜で、久米島本島から船で20分程度で行けるところ。

 

しかし、実際に行ってみたところ、がっかりしてしまいました。

 

【がっかりポイント①】砂浜に漂流ゴミが散乱している。

海流のせいかもしれませんが、枯れ木、網、ブイ、瓶などがあちこちに転がっていました。綺麗な景色が台無しです。

 

【がっかりポイント②】シュノーケリングが楽しくない。

はての浜でシュノーケリングができるのは、浅瀬の区画されたわずかなスペースだけ。

他のエリアは流れが早いので、遊泳禁止です。

この浅瀬では、サンゴは少ないので、魚も少ない。

がっつりシュノーケリングしたい!という人には向かないでしょう。

 

ただ、こんな人にはおすすめです。

  • 子供連れファミリーで、気軽にシュノーケリングを楽しみたい
  • 人生に迷いを感じたので、ただ、海を眺めていたい

晴れた日には、圧倒的に綺麗な海を眺めることができます!

人数分のパラソルとイスが用意されているので、日陰でゆっくりすることもできます。

あとは、プランによって、水上バイクやバナナボートなどのアクティビティを楽しめるようです!

他の人の口コミも見てみると良いですね。

「はての浜」の口コミを見る

みなさん、評価は高いですよ!

久米島の行き方

久米島への行き方は、飛行機とフェリーの2つ。

結論から言うと、

  • 旅程に余裕がなく、短時間で行きたいなら飛行機
  • 旅程に余裕があり、コストを削減したければフェリー

飛行機

飛行機で久米島に上陸するには、那覇空港から行くしかありません。

35分程くらいのフライトで1日7往復程度の便が出ています。

片道料金は安くて12,000円程度。

小さな機体で低空飛行なので、窓際に座れば沖縄の綺麗な海を空から眺めることができます。

空路の途中で慶良間諸島があるので、空から眺めることができます。

慶良間諸島周辺だけ明らかに海の色が違いますから!

ぜひ見てみてください!

なお、飛行機の予約ならスカイチケットで格安で手に入ります。

フェリー

沖縄本島から3時間前後で久米島の「兼城港」へ行けます。

片道3,390円。

飛行機に比べるとダイブ安いです。

沖縄の海で船旅、贅沢ですね〜

まとめ

意外と知られていない久米島の観光スポット。

大自然を満喫できて、絶景ビーチを貸し切ることもできます。

今度、沖縄の離島に行くなら、久米島を考えてみてください!

久米島のホテルを探す