建築業界の働き方

建築業界からIT企業のエンジニアに転職するためのステップ【3ヶ月でOK】

こんにちは、りょうたです。

つい先日まで、設計の仕事をしながら、オンラインのプログラミングスクールを受講していました。

完全未経験から3ヶ月必死にプログラミングを学んで、オリジナルWEBアプリケーションを開発できるレベルまで到達しました。

今は建築業界にいますが、今後のキャリアのひとつの選択肢として、IT企業への転職を考えています。

さて、

この記事を読みに来てくれている建築業界からIT企業への転職を考えている方は、こんな悩みや疑問を持っているのではないでしょうか?

転職したい人
転職したい人
  • 未経験からエンジニアに転職するためには、どんなスキルが必要か?
  • モダンな働き方ができるIT企業に転職するにはどうすれば良いか?
  • 残業はしたくないけど、年収は下げたくない。

過酷な労働環境の建築業界から、最新技術に触れられて、モダンな働き方ができるIT企業への転職を考えている人は多いと思います。

結論から言うと、3つのステップを辿ることによって、未経験からエンジニアへ転職することができます。

3つのステップ
  1. プログラミングスクールを受講する
  2. 1と同時並行して転職サイトでIT企業をリサーチする
  3. 興味のある企業にエントリーして面談や面接をする

転職活動の期間はおよそ3ヶ月でOKです。

この記事では、上記3つのステップにしたがって、利用すべきプログラミングスクールや、転職サイト、オススメのIT企業などを紹介します。

では、具体的に見ていきましょう。

建築とITエンジニアの共通点は「ものづくり」

エンジニア界隈は建築業界と構造が似ています。

例えば建築であれば、

  • 意匠
  • 構造
  • 設備

というように、それぞれの専門領域を持った人たちで、ひとつの建物を造り上げていきます。

これはエンジニアも同じでして、

  • フロントエンド(WEBサービスの見た目の部分)
  • サーバーサイド(WEBサービスの裏側の部分)
  • インフラ(WEBサービスの土台の部分)

などなど。

ひとつのWEBサービスを作り上げるのに、何人もの人が関わります。

また、エンジニアに必要とされる能力は倫理的思考です。

現役エンジニア
現役エンジニア
  • この機能を実装するためには、どんな課題があって、どのような道筋で解決すればいいかな〜
  • このコードはもっと工夫すれば、ユーザーにとって分かりやすいよね。

建築業界でも技術的観点から問題や課題を解決していきます。

つまり、建築の仕事と、エンジニアの仕事は、専門技術を持った複数人が、論理的思考を元にひとつの「ものづくり」をしていく。

という点で共通しているので、建築業界出身の人は、ITエンジニアに適合しやすいのです。

未経験から3ヶ月でITエンジニアに転職する3つのステップ

以下、3つのステップで早く転職して、エンジニアとして成長できる環境に飛び込んでいきましょう。

【ステップ1】プログラミングスクールを受講

未経験からエンジニアになるための最低限必要なスキルとして、オリジナルサービスを開発できることです。

独学でプログラミングを習得しようとすると、確実に途中で挫折するので、プロに教えてもらいましょう。

プログラミングスクールでは、現役のエンジニアがメンターとなって教えてくれます。

オススメのプログラミングスクールは、以下2つです。

TechAcademy(テックアカデミー)

建築の仕事と両立させながら、全てオンラインで完結します。

週に2回メンターとビデオチャットをしたり、チャットツールを使えばいつでも分からないことを聞けます。

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

通学型のスクール。

常に周りに講師がいて、ライバルがいる環境なので、成長スピードは早いです。

受講料はやや高額ですが、どちらも3ヶ月程度でオリジナルサービスを開発できるレベルに到達できます。

さらに、転職サポートも付いているので、自己アピールの仕方や、向いている企業の探し方を教えてくれます。

ちなみに、僕は通学が難しかったので、テックアカデミーのWEBアプリケーションコースを3ヶ月受講しました。

テックアカデミーではじめてのメンタリング。キャリア相談もしました【学習記録①】こんにちは、リョウタです。 9月18日から、テックアカデミー(TechAcademy)の「Webアプリケーションコース」のブートキ...

人生を変えるための自己投資としてリターンが大きいですね。

【ステップ2】転職サイトでIT企業をリサーチ

プログラミングスクールで学習しつつ、同時並行でIT企業をリサーチしましょう。

リサーチに使う転職サイトは以下2つです。

マイナビエージェント×IT

大手IT企業からベンチャー企業まで、業界No.1の求人が掲載されています。

無料でエージェントと相談できて、求人を紹介してもらえます。

Wantedly

ITベンチャー企業の求人が多数あり、社員の方に直接コンタクトを取ることができます。

まずはマイナビエージェントと相談して、IT業界の全体像を把握することをオススメします。

そして、エージェントに未経験OKな求人を紹介してもらったり、Wantedlyで直接ベンチャー企業の社員と会話して、情報収集していきましょう。

【ステップ3】エントリーして面談・面接を突破する

興味のある企業が見つかったら、いざエントリー。

プログラミングスクールで作ったオリジナルサービスをアピール材料として、エントリーしていきましょう。

未経験から挑むので、以下2つの企業が内定に結びつく可能性が高いです。

  • 自分の趣味や好きなことに関わるような自社サービスを作っている企業
  • 建築×IT」領域を攻める企業

エンジニアとしての実務経験はないけれど、そのサービスの知識は多少あると、有利に転職活動を進めることができますよ。

転職直後に年収が下がるのは覚悟しておく

当たり前ですが、異業種への転職なので、年収は下がります。

今まで施工管理などで良いお給料をもらっていたのなら、なおさらでしょう。

ですが、エンジニアは社会的に需要があり、今後10年先までは人手不足が予想されています。

なので、まずは多少給料が安くても転職してから、エンジニアとしての実力を付けてしまうのが手っとり早いです。

成長中のベンチャー企業なら、実力とともに昇級スピードが早いでしょう。

まとめ

この記事のおさらいです。

未経験からエンジニアに転職するための3つのステップ。

ステップ1

プログラミングスクールを受講

ステップ2

転職サイトでIT企業をリサーチ

ステップ3

プログラミングスクールで作ったオリジナルサービスをアピール材料にして、エントリーして面談・面接を突破する

  • 自分の趣味や好きなことに関わるような自社サービスを作っている企業
  • 建築×IT」領域を攻める企業

何はともあれ、異業種に転職するなら、早く行動することが大事です。